シャハラギム・タジバフシュ教授(幹細胞・発生学研究室)は、カナダのカールトン大学でウイルスの分子生物学の博士号を取得後、パスツール研究所でのポスドクを経て、2001年に独立し、幹細胞がどのようにして臓器や組織を作り、再生するのかを研究する「幹細胞・発生学研究室」を設立した。彼の研究室の目的は、骨格筋がどのように構築され、どのように疾病や外傷後に再生されるかを理解するために、発生過程や出生後の幹細胞の特性を調べることである。特に、休止状態、ニッチ、自己再生、対称的/非対称的細胞分裂、再生、加齢などに焦点を当てている。彼の研究室では、マウスの遺伝学的手法を用いて、筋幹細胞集団が機能において驚くほど多様であることを示し、胚におけるモジュール設計が、筋疾患における筋の病態におけるモザイク反応の一因であるかもしれないという仮説を導き出した。

タジバフシュ教授は、EMBO会員、元発生・幹細胞生物学部長、LabEx ("Laboratory of Excellence") REVIVEコンソーシアム (幹細胞に関する28の研究室、2011-2024年)の共同ディレクターを務める。様々な科学協議会(例:フランス筋疾患協会の副会長など)、いくつかの科学諮問委員会のメンバーであり、4つの科学雑誌の編集委員を務める。複数のEUコンソーシアム(FP6, EuroStemCell; FP7, EuroSyStem, Optistem, NotchIT)に参加し、ルイ・パスツール優秀賞(Institut Pasteur、2017年)やフランス科学アカデミーを含むいくつかの賞を受賞。競争的資金を多数獲得(EU、ANR、FRM、ARC、2度のERC Advanced Grantなど)。2010年、2015年、2020年、フランスのHCERES(研究・高等教育評価評議会)は、タジバフシュ教授の研究室をA+(最高評価)と評価した。